津和野町の忠魂之碑(津和野町後田)

津和野町の津和野城跡の一部である嘉楽園に忠魂碑がありました。 土を盛った基壇の上に小振りの石碑が建っています。 金属プレートが貼られている部分の石材が妙に新しく感じます。 戦後になって追加された部分なのかもしれません。 「忠魂碑」ではなく「忠魂之碑」とあります。 揮毫は陸軍中将木越安綱男爵です。 ウィキペディアによれば、木越男爵は嘉永7年、加賀の生まれ。 日露戦…

続きを読む

諏訪神社の国旗掲揚台(新宿区高田馬場)

新宿の諏訪神社に国旗掲揚台を見つけました。 この写真にも写っています。 こちらです。歩道から見ると境内が高台になっていて、 よほど注意深く見上げないと気が付きません。 反対側からズームで何とか撮影。「紀元二千六百年記念」とあるようです。 境内から国旗掲揚台に接近してみます。 二つの台座でポールを挟み込む、国旗掲揚台の標準的な様式です。 「諏訪神社…

続きを読む

磯村の忠霊碑(隠岐の島町下西)

隠岐島後の古社、玉若酢命神社の境内の右隣の敷地、 神社の駐車場と公衆トイレの後の広場に、忠霊碑が残っています。 石垣で築いた台座の上に小振りの石碑。 独特の書体で読み難いのですが「忠霊碑」と記されているのでしょう。 揮毫者が記されているようなのですが、風化していて読み取れませんでした。 碑の側面には建立年・建立者が記されています。 「大正四年十二月…

続きを読む