白山神社の国旗掲揚塔(文京区白山前町)

都営三田線の白山駅からほど近く、 「白山」の地名・駅名の由来となっている白山神社の入り口に国旗掲揚塔を発見しました。 神社名を記した石碑(「社号標」というらしいですね)と 鳥居の間に挟まれた目立たないちょっとした空間に佇んでおります。 二文字分はがれていますが、5枚の白タイルに「国旗掲揚塔」と書かれていたのでありましょう。 肝心の文字の部分に「駐輪お断り」の表示が貼…

続きを読む

川越市神明宮境内の国旗掲揚台(川越市神明町)

川越の蔵の町を通り過ぎて北へ、 「町はずれ」といった風情のエリアにある神社境内に国旗掲揚台が残されていました。 「国威宣揚」の文字もりりしい国旗掲揚台。装飾はなく質実剛健なたたずまいです。 揮毫は第4代帝国在郷軍人会長を務めた陸軍大将鈴木壮六。 側面には神明町青年団が建立したことが刻まれています。 反対側側面の写真を撮り忘れていました。 年代が書いてあった…

続きを読む

日本橋たもとの国旗掲揚台(中央区日本橋室町)

お江戸日本橋、「日本橋魚市場発祥の地」碑がある北詰広場に国旗掲揚台がありました。 正面に「室町一丁目青年団」と刻まれています。 「八紘一宇」や「国威宣揚」などの四文字が多い中で、 建立した団体が正面にくるのは珍しいタイプかもしれません。 側面には「昭和8年4月」とあります。 この頃は皇室のご慶事もなさそうで、何の記念に建てたのかは不明です。 国旗掲揚台の後ろ側…

続きを読む