川越市神明宮境内の国旗掲揚台(川越市神明町)

川越の蔵の町を通り過ぎて北へ、 「町はずれ」といった風情のエリアにある神社境内に国旗掲揚台が残されていました。 「国威宣揚」の文字もりりしい国旗掲揚台。装飾はなく質実剛健なたたずまいです。 揮毫は第4代帝国在郷軍人会長を務めた陸軍大将鈴木壮六。 側面には神明町青年団が建立したことが刻まれています。 反対側側面の写真を撮り忘れていました。 年代が書いてあった…

続きを読む

日本橋たもとの国旗掲揚台(中央区日本橋室町)

お江戸日本橋、「日本橋魚市場発祥の地」碑がある北詰広場に国旗掲揚台がありました。 正面に「室町一丁目青年団」と刻まれています。 「八紘一宇」や「国威宣揚」などの四文字が多い中で、 建立した団体が正面にくるのは珍しいタイプかもしれません。 側面には「昭和8年4月」とあります。 この頃は皇室のご慶事もなさそうで、何の記念に建てたのかは不明です。 国旗掲揚台の後ろ側…

続きを読む

新大橋たもとの国旗掲揚台(松江市伊勢宮町)

気が付いたら10月から更新が止まっていました( ・∋・) 今年もよろしくお願いします。 松江の新大橋南詰に現役の国旗掲揚台が残っています。 「皇紀二千六百年記念」・「伊勢宮町建設」・「松江市長石倉俊寛書」とあります。 昭和15年に皇紀二千六百年の記念に地元の町会が建てたもののようです。 石倉俊寛は昭和4年から昭和20年までの間、松江市長を務めた方で、 戦前の松江の近代…

続きを読む