布施村の表忠碑(隠岐の島町布施)

隠岐島後の旧布施村春日神社境内に残る表忠碑です。 基壇が三段も重なって立派なものですが現代的なものですので、 戦後になって改修されたのではないかと推察されます。 表忠碑両翼の黒御影の石碑には、先の大戦における布施村の戦没者の名が記されています。 本土から遠く離れた隠岐の小村からもたくさんの方が出征されて、 そして帰ることができなかったのですね。。。 自然石による立派な…

続きを読む

鳥上の忠魂碑(奥出雲町鳥上)

神話の里奥出雲、旧横田町鳥上の「鬼神神社」の隣に、忠魂碑がありました。 昭和7年参謀本部作成の「横田」より。旧鳥上村の域になります。 自然石を多用した立派な忠魂碑です。 花が供えられており、今も地元の方に大切にされていることがうかがわれます。 「忠魂碑」と記されています。 揮毫は荒木貞夫陸軍大将。花王入りです。 裏側。昭和10年11月26日建之とあ…

続きを読む

市木の忠魂碑(邑南町市木)

邑南町市木の町はずれ、市木小学校の向かいに忠魂碑は屹立としてあります( ・∋・) 「忠魂碑」と記され、揮毫は元帥子爵川村景明。 川村子爵は薩摩の出で日清日露の両戦役で活躍した陸軍軍人で、 大正8年より大正15年に死去するまでの間、帝国在郷軍人会の会長を務めています。 大正13年3月建設とありました。 在郷軍人会市木村分会による建立です。「主催」というのが新鮮…

続きを読む